簡単に儲るものもそうそうありません。

皆がやっていることでもブラッシュアップをかければ、それが既存ビジネスに対して優位に働いて儲ける事ができたりしますが、心情的にはやはり誰もがやっていない事をやることがビジネスモデルでも大事だと考えています。皆と同じ事をやり続けていても競合があまり多すぎると儲らないのです。それならば最初のスターアップは大変でも、誰もやっていない未踏のビジネスで立ち上げた方が火がついた時は儲る速度が速いと考えます。最初のスタートアップがしんどいので、いわゆるベンチャー企業は新卒や中途で入る人にとっては不安だったりするようですが、自分で新しいビジネスの立ち上げであれば一人でもやる価値があります。

 

ホリエモンが捕まっている時点でどうかしていますが、それでもホリエモンのあとを行くベンチャーがウネリを上げて行く事を期待してやみません。儲ける事に対して妬まれて叩かれる事があっても、フェアーで、かつ社会に必要なビジネスであれば大手を振って生きていっていいと思っています。ホリエモンも最初はスタートアップは寝る暇を惜しまずまずは目の前の案件をひたすら片付けて納品していった、そうです。